交通事故の後遺症

  • 過去にひどい交通事故に巻き込まれた
  • 天気の悪い日に頭痛がする
  • 長時間座っているのが辛い
  • 首が常に気になる
  • 日常生活がスッキリ送れない

 

交通事故の後遺症について

交通事故に遭われ後遺症についてインターネットで調べられた方も多いと思いますが

後遺症認定の等級の話や弁護士事務所さんのホームページが多かったと思います。

こちらでは後遺症を少しでも楽にして日常生活を送っていただたきたいという思いで提案をしていきます。

交通事故後遺症の施術方法

あくまで後遺症なので完全に症状を無くすのは難しいものもあります。

ただ施術を行うことでほとんどの方が施術前より楽になっていくのでぜひ試してもらいたいものです。

交通事故の後遺症とは交通事故によって受けた外力で

体を痛めそれが後遺症として残ってしまう状態を言います。

車の保険が使えるのは期間があり永遠に使えるわけではありません。

保険が使えるうちに後遺症が残らないように施術をしておくのがベストです。

交通事故の後遺症と言っても症状は様々でその症状によっても施術法が違います。

 

 

めいほく接骨院なら施術者全員が厚生労働省の定める国家資格を取得していますので安心して施術を受けることができます。

施術内容に関しても丁寧なカウンセリングの後スタッフから提案させていただいております。

 

→骨盤矯正プログラム

→特別な電気施術

交通事故の後遺症|目安時間と施術料金

初めての場合はじっくりお話をお聞き致しますので60分ほどお時間をいただいております。

 

交通事故の方:自賠責保険適応で自己負担実質0円

※交通事故から日数があまりにも経過していると自賠責保険が使用できません。

 

→アクセス・目安料金はこちら

 

医師から「症状固定」と告げられたら?

医者に痛みを理解してもらい、しっかり治療

■「症状固定」

これ以上治療を継続してもその傷病の症状回復・改善が期待できなくなった状態を言います。残ってしまった症状が「後遺障害(後遺症)」です。症状固定の診断を受けると治療期間が終了したものとして扱われるので、賠償の範囲も確定し、それ以降の治療費や休業損害等の支払いは原則として受けられなくなります。

■保険会社からの「そろそろ症状固定してください」

むち打ちや腰椎捻挫など、外形的な所見が見えにくく、治療が長期におよぶ怪我の場合など、単に治療費打ち切りの意味で言われる場合があります。症状固定は、患者の訴えや症状等を診て、あくまで医師が医学的に判断するものです。その時期を保険会社が強制できるものではありません。

■医師からの「症状固定」

時期尚早の可能性もあります。まだ痛みがあること、治療効果がまだあるという実感があれば、その旨、医師に伝えましょう。自分の症状は自分が一番わかるので、主治医と十分に相談して判断することが大切です。病院・整形外科の主治医には、今後のことも含めて詳しい説明を求めましょう。

・現在の症状

・どこまで改善する見込みがあるか

・障害が残るとすればどれくらい、仕事や日常生活での支障の程度

・今後の治療方針

症例|名古屋むち打ち.com

  • 名古屋市 瑞穂区桜山 20代女性 交通事故 首・肩・腰の痛み

    優先道路を走行中に横から追突され、首のむちうち症と腰~背中と肩の痛み
    さらに頭痛もあって来院されました。

    ソーマダイン(細胞の活性化を行い、自然治癒力をたかめる電気施術器)と全身のマッサージで血流を良くし痛みの改善を図りました。

    頭痛は1か月ほどでなくなりました。

    肩の痛みが首や腰~背中の痛みと比べて痛みが長引きましたが、通院頻度を高めてしっかり施術し、4~5ヶ月、ほぼ毎日の通院で痛みも完治しました。

    ※患者様個人の感想であり、効果には個人差があります。

 

患者様の声|名古屋むち打ち.com

  • 名古屋市瑞穂区桜山 20代女性 むち打ち症(交通事故:肩の痛み握力低下)

    交通事故の影響で肩の痛みと握力が落ちてしまい日常生活にも影響が出ていました。
    自分が知らないことも丁寧に対応してくれました。
    いけるときは毎日通ったおかげで順調に痛みもよくなりました。
    先生方、スタッフさんありがとうございました。

    ※患者様個人の感想であり、効果には個人差があります。