脳脊髄液減少症

  • 最近交通事故に遭った
  • 寝ていると症状が楽になる
  • 立っていると頭痛がする
  • めまいがする
  • 視力が低下した

脳脊髄液減少症とは?

図のように脳と脊髄は硬膜という袋の中に入っています。そして、この袋の中身は髄液という液体で満たされております。この硬膜という膜が事故の衝撃で破れ髄液が漏れ出ることによって起立性頭痛を初め、首の痛み、全身倦怠感、めまい、自律神経障害、吐き気、耳鳴り、うつなど症状が出るのが脳脊髄液減少症だと言われております。

 

 

 

脳脊髄液減少症の治療法について

発症から1カ月程度は急性期にあたり十分な水分補給と安静が必要になります。

発症から1カ月以降は慢性期にあたりブラッドパッチ療法という治療が有効になります。

このブラッドパッチ療法はどこの病院でも受けれるわけではなく、愛知県ですと下記のHPに診断と治療の可否が掲載されておりますのでご覧ください。

http://www.pref.aichi.jp/soshiki/imu/0000023463.html

脳脊髄液減少症|目安時間と施術料金

目安時間は40分です。初診の場合はじっくりお話をお聞き致しますので60分ほどお時間をいただいております。

交通事故治療の方:自賠責保険適応で自己負担実質0円

※H28.4月~保険が適応され料金としては以前より治療を受けやすくなりました。

 詳しくは治療を受ける予定の病院にお問い合わせください。

 

→名古屋市東区・北区むち打ち治療専門.comがご提案する目安料金はこちら